2009年06月25日

彼を待つ間

あまりにも大量の荷物を前にちょっと涙がもうやだ〜(悲しい顔)

私たちの新居家ってことですごくうれしくて、ずっときれいにしててどんな部屋にしようとか考えてたのに、この先荷物にまみれてぐちゃぐちゃの部屋に住むことになるのかって…。

彼は私がそんなにショックを受けるとは思ってなかったようで、でもそれに気付いたようで来る途中にもずっと連絡してきてくれました。

そうしてる間に私もちょっとだけ立ち直ってきました。

とりあえずお昼の準備をしながら考えたこと。

私は実家になんでも置いてこれたから、普段は必要ないけど思い入れのあるものなんかは捨てなくても良かったよね。

でも彼はまるごと引っ越してくる訳だから、そういうものも彼なりに整理してきてくれてるはず。

実際「持ってるものの8割は捨てた」って言ってたし…。

そう思ったら「彼の荷物が多い」ってことを責められないなぁって。

そんなことを考えてたら彼が到着かわいい

「箱は多いけど中味はそうでもないよ。とりあえずもう少しきれいに積めば寝れるから」って。

それ以外にも「これは捨てる」「これは売るよ」って言ってくれて、なんだかかわいそうなような気の毒なような…ふらふら

もうその時にはそう思えたので、彼が来るまでにしばらく時間があって良かった…。



posted by mint at 10:59 | Comment(0) | 結婚するまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
☆大人の恋愛・結婚ブログ☆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。