2009年06月18日

いきなりの帰省

照明もついたし、引っ越しの挨拶も済んだし、ガスの開栓もできたしってことで、お互いの実家に電話しようってことに。

まずは彼のお母さんに、そして次にうちの母に。

そうしている間に私の荷物が届き、頼んであった寝具も届き、夜ごはんを食べに行きました。

(ガス台もレンジもポットもないので、しばらく外食が続きます)

今日から二人の生活が始まるんだなって実感が沸いて来た頃に、突然母からの着信むかっ(怒り)

いやな予感は当たりました。

私たちが電話した時、両親は叔父のお見舞いを終えて家に帰る途中でした。

それなのにその叔父が夜になって急に亡くなったとのこと。

半年くらい前から体調を崩して入院していた叔父。

こっちに来る前にお見舞いに行った時は元気そうだったのに…。


そして弟からの電話。

「俺は帰るつもりだけどどうする?」って。

弟も東京に住んでるのでもちろんいっしょに帰るのがいいに決まってるけど、今日来たばっかりで、彼がお休みの間に家電とか家具とかいっしょに買いに行くつもりだったし、でも可愛がってくれた叔父の最期に会えないのも悲しいし…。

いろんな考えが頭の中でグルグルしました。

その時彼が「帰った方がいいよ」って。

「やっぱりそうだよね」ってことで、弟に新幹線のチケットを取ってもらいました。

でもそこがGW。

5日がお通夜、6日が告別式、ちょうどUターンラッシュと重なって東京に戻る席がないむかっ(怒り)

結局、夜遅くのグリーンだったら空いてるってことで、初めてのグリーン体験をすることになりました。





タグ:帰省 実家


posted by mint at 13:02 | Comment(0) | 結婚するまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
☆大人の恋愛・結婚ブログ☆
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。